2004年12月16日

かっこわるいドラッグ映画「ラスベガスをやっつけろ」



見て良かった度:★★★★☆

ジョニー・デップ主演の映画「ラスベガスをやっつけろ」を見た。

2人のジャンキーが車のトランクに大量のドラッグを詰め込んで、キメながらラスベガスに向かう。

ひたすらドラッグでラリってるだけの映画だった。

ジョニー・デップとベニチオ・デル・トロが演技とは思えないくらい、目がふかぁ〜いところにイっちゃってて、笑いを通り越して、怖かったけど、その怖さも通り越して爆笑だった。

キマッてるときのジャンキーから見た世界や、妄想などなど、興味深かったわ。

ドラッグ映画って、比較的カッコイイのが多いイメージ(トレインスポッティングや、ドラッグストアカウボーイなど)だけど、これはメチャクチャ酷い、カッコ悪い、情けない作品だった。

これを見たら「ドラッグって怖い、止めておこう」と改心しそうだ。
なんだか、見ていて「それが狙いなのか?」と思ってしまった。

だって、ジョニー・デップがハゲで、気持ち悪い黄色いメガネかけて、しかも趣味の悪い服を着てラリってるんだよ。
軽くショック。

ちなみに、この映画には端役でクリスティーナ・リッチやキャメロン・ディアスなんかも出演してます。
案外、豪華キャストなのね・・・。


「ラスベガスをやっつけろ」を買いたい方、口コミを見たい方はコチラ!

人気ブログランキングに参加してます!
1票よろしくお願いします!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogajo/10870507
この記事へのトラックバック
え〜ここでは、上からの蝙蝠繋がり(苦笑)で、旧作を1本!参ります。 ■『ラスベガスをやっつけろ』/Fear and Loathing in Las Vegas ●オハゲとオデブの二人組みでなきゃ絶対に出来ないラリパッパの映像が炸裂。スポーツ・ジャーナリスト、ラウル・デュークとジョニー・
■『ラスベガスをやっつけろ』/Fear and Loathing in Las Vegas【ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY】at 2005年01月01日 22:26
好き度:★★★★☆☆☆☆☆☆ 主演はジョニー・デップ、共演にはベニチオ・デル・トロ、トビー・マグワイア、キャメロン・ディアス、クリスティナ・リッチ。 1971年、ジャーナリストのデューク(デップ)はサモア人弁護士ゴンゾー(デル・トロ)と共にラスベガス
ラスベガスをやっつけろ (1998)【嗚呼 Every day of a MOVIE】at 2005年04月20日 01:33