2004年12月15日

メメクラゲが印象的なエログロ作品「ねじ式」



見て良かった度:★★★★☆

つげ義春原作、浅野忠信主演「ねじ式」を見た。

どん底生活を続ける貸本漫画家・ツベ(浅野忠信)はアパートを追い出され、内縁の妻、国子(藤谷美紀)とも離れ離れになり…。

妄想、快楽、エロスが爆発した、グロテスクな欲望を淡々と描いた映画。

「欲望」と「淡々」って対局線上にあるもののはずなにの、「ねじ式」では混在している。
なんだか、見てはいけないものを見てしまった感じで、最初は結構、気持ち悪かった。
でも、目が離せなくて、うっかり最後まで見てしまったのだけど。

たぶん、リアルな部分は物凄くリアルなのに、チープな部分が至るところにあって、それがぐちゃぐちゃになって映像に表れるから、変な感じなんだろうな。

女体がうごめいてるシーンや、人間模様なんかは凄くリアルなのに、汽車は積み木のおもちゃみたいなだったり、看板や背景がチープなものだったり。

そのバランスが絶妙だった。

ちなみに、この作品に出てくる「メメクラゲ」っていうのは、実在するクラゲではなく、つげ義春の漫画上の生物なのだけど、これって生原稿には「××クラゲ」と書いてあったらしい。

それを編集者が間違えて「メメクラゲ」って読んでしまって、それを聞いたつげ義春が「そっちの方が良いですね、メメクラゲにしましょう」となったのだそう。

個人的に「メメクラゲ」って言葉の響きが好きだったので、この読み間違えもまた秀逸、と思った。


「ねじ式」を買いたい方、口コミを見たい方はコチラ!

人気ブログランキングに参加してます!
1票よろしくお願いします!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogajo/10872538
この記事へのトラックバック
...
ねじ式【仮想本棚&電脳日記】at 2005年01月15日 15:30