2004年12月24日

ヴィンセント・ギャロの皮肉炸裂「ニューヨーク・セレナーデ」



見て良かった度:★★★☆☆

ヴィンセント・ギャロ主演「ニューヨーク・セレナーデ」を見た。

題名からして、なんとなく普通のラブストーリーなんだろうな、という気はしていた。
でも、ギャロが出ているし、嫌になるほどつまんない内容ではないだろう、と思って借りて見たものの・・・。

超人気テレビ番組の司会者のボビー(ヴィンセント・ギャロ)は、仕事に嫌気がさして、やる気がない。その上、元彼女リリーへの未練で精神的にもグラグラ。

ある日、ボビーはリリーを求め、仕事を投げ出しニューヨークへ旅立つが、そこで待ち受ける真実とは・・・。

リリーの母親が「ホームレスの練習」をして、ストリート・ボーイと寝てしまったり、弟が精神を病んで入院していて奇行にはしったり・・・。

本筋と関係ないところで、奇妙な物語が展開。

特に弟が、サラ・ジェシカ・パーカーを好きなあまり、マシュー・ブロデリックのペットの犬を盗んで獣姦しようとするシーンは唖然・・・。

ボビーとリリーの話は完全に普通のラブストーリーなんだけど、なんなんだか、このサブストーリーが凄すぎて、落ち着いて見ていられなかった。

ところで、本筋の方は、最後に互いの愛を取り戻そうとした二人が、それぞれタクシーを飛ばしていくと、そのタクシーがぶつかり合って、という何ともいえないハッピーエンド。

でも、ギャロだしね。
ギャロの服装や歩いている姿は本当に格好良かった。
それだけが、救いだった。

どんなお約束なダサい結末でも、ギャロは恰好良いんだな、とシミジミ思いました。


「ニューヨーク・セレナーデ」を買いたい方、口コミを見たい方はコチラ!

人気ブログランキングに参加してます!
1票よろしくお願いします!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogajo/11258690
この記事へのトラックバック
ニューヨーク・セレナーデ 『ニューヨーク・セレナーデ』 (ヴィンセ
『ニューヨーク・セレナーデ』(ヴィンセント・ギャロ)【0 1/2】at 2005年01月25日 23:37