2004年10月17日

90秒の映像の魔術師が語る映画予告業界「映画は予告篇が面白い」



よく「予告にだまされた」なんて言葉がありますよね。

実際の映画を見たら、予告編で思ったほど良くなかった、なんて。

その予告編を作り続けている「90秒の映像の魔術師」が語る、創造力と編集力と映画ビジネス。

お客さんがそれを見て本編を見に行きたいと思う、前売りチケットを買うぐらいの動きになるものが「予告編」としてのいい作品。

たった「90秒間」の間にどれだけの人の心を動かすことができるか、職人でありながら営業マインドも必要な「予告編業界」の全てが分かる一冊です。

また、本書の中に予告編制作会社や関連会社がたくさん紹介されているので、「予告業界に就職したい!」なんて方には良い参考書になると思いますよ。


「映画は予告篇が面白い」を買いたい方はコチラ!

人気ブログランキングに参加してます!
1票よろしくお願いします!




この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mogajo/8178759